長唄・舞踊の藤娘でも有名な『いたこ出島』とか、長唄『あやめ浴衣』、大和額『あやめ』などあります。
初夏の紫や白のあやめは万葉の頃はかきつばたが読まれ、
菖蒲というと葉菖蒲のこと。
花菖蒲が文献に出てくるのは江戸時代から花菖蒲は江戸時代の中頃より、
各地に自生するノハナショウブの変わり咲きをもとに改良され、
発達してきた日本が世界に誇れる伝統園芸植物です。

「いずれがアヤメかカキツバタ」という慣用句もあり、
どれも素晴らしく優劣は付け難いという意味で、
見分けがつきがたいという意味にも用いらます。

さて、ランチタイムステージまでいよいよあと二週間ですね!